「西の星」について

商品紹介

焼酎醸造好適大麦「ニシノホシ」で醸す
大分生まれの本格麦焼酎

大分の風土と農家、蔵人が結びついたおいしさをご賞味ください。

西の星25度
※九州先行発売
西の星25度

焼酎造りに好適な大麦「ニシノホシ」を原料に、じっくり醸した本格麦焼酎です。
華やかな香り、なめらかな味わい。
農家と酒蔵の思いがひとつに実ったうまさをお楽しみください。

西の星25度 1800ml ¥1,878
西の星パック25度 1800ml ¥1,878
西の星25度 900ml ¥997
西の星パック25度 900ml ¥997
西の星カップ25度 200ml ¥262

※価格は全て税込

西の星20度
 
西の星20度

大麦「ニシノホシ」を原料に麹の技を傾けてじっくり醸しました。
すっきりした香り、シルクを想わせるなめらかな喉ごし。
お料理の味を引き立てるナチュラルなうまさです。

西の星20度 1800ml ¥1,652
西の星パック20度 1800ml ¥1,639
西の星20度 900ml ¥888
西の星パック20度 900ml ¥888
西の星カップ20度 200ml ¥223

※価格は全て税込

西の星ができるまで

蔵人の技と情熱で、大麦「ニシノホシ」の持ち味を十二分に引き出す

「農家さんが丹精込めて育ててくれた「ニシノホシ」を美味しい焼酎に昇華させたい」。 「西の星」づくりの工程には、蔵人のそんな想いが詰まっています。

麹を造る

焼酎造りの根幹となるのが麹造り。一般的に、大麦は米と比べて、麹菌を付けることが難しいといわれていますが、「ニシノホシ」は比較的柔らかいことから、麹造りに高い適性があります。「西の星」は白麹を使うことで、華やかでありながらすっきりした香りと、なめらかな味わいを実現しています。

浸漬 蒸し 製麹

もろみを造り、酒を醸す

「西の星」の骨組みとなる酒母(一次もろみ)を造るのが「一次仕込み」です。大麦麹に、自社の地下からくみ上げた清冽な仕込み水と、酵母を加えて発酵させます。焼酎造りにおいて、麹は味を決め、酵母は香りを決めるといわれますが、「西の星」に使われているのは、自社オリジナルの「いいちこ酵母」の1つ。この酵母が「ニシノホシ」の持ち味をうまく引き出し、華やかな香りを生み出す大きな役割を果たしています。
「二次仕込み」では、一次もろみに水と、主原料である蒸した「ニシノホシ」を入れて、さらに発酵させ、アルコール分、香り、味わいをたっぷり含んだ二次もろみを造ります。決め手は、低温でじっくり発酵させること。そうすることで、大麦「ニシノホシ」の資質を最大限に活かした深い味わいの二次もろみが出来上がります。

一次仕込み

二次仕込み

時間をかけて、ていねいに仕上げる

蒸留は蔵の経験と知恵が詰まった大事な工程の一つです。「西の星」の蒸留方式は「減圧蒸留」。減圧し、沸点を低く抑えることで、二次もろみ由来の豊潤な香りを引き立たせ、口当たりのよいさわやかな飲み口を実現します。蒸留し、ろ過された原酒は、一定期間貯蔵されることで、「西の星」本来の香りと味わいになっていきます。

蒸留

ろ過

貯蔵

大麦ニシノホシ

ニシノホシとは?

日本酒にとっての山田錦のような、麦焼酎のための醸造好適大麦

大麦ニシノホシとは?

大分県の焼酎業界のために、産官が一体となって行った共同研究の結果、誕生した大麦品種。焼酎造りに好適な大麦として、1997年に命名登録され、1998年に大分県の奨励品種に採用。2001年に品種登録されました。温暖な平坦地に育ち、ヒゲの長い穂が特徴。精麦適性・醸造適性ともに優れています。

ニシノホシのあゆみ

地元の農家さんと共に、大分の風土が育む本格麦焼酎を造る

「ニシノホシ」と「西の星」のあゆみ

1993 焼酎製造に適した大麦の評価・選抜プロジェクトを開始
1997 「ニシノホシ」品種登録申請
1998 大分県奨励品種に採用~実証試験を開始
2000 宇佐・安心院地区にて契約栽培関始
2001 本格麦焼酎「西の星」発売開始/「ニシノホシ」品種登録
2005 iichiko西の星賞を創設
2017 うさ農業祭共同開催
2018 西の星25度900ml、1800ml発売
2019 ニシノホシ生産者交流会開催
2020 西の星APUラベル発売
2021 西の星20周年記念商品発売

「焼酎製造に適した大麦の選択と評価法の確立」を目指し産官共同研究が1993年にスタートしました。当時は焼酎醸造に特化した大麦はありませんでしたし、大麦を焼酎用として評価するというシステムも確立されていませんでした。試行錯誤を繰り返すなか、より醸造適性に特化した大麦が選抜され1997年に「ニシノホシ」として品種登録。1998年には焼酎醸造用として大分県の奨励品種に採用。そして2001年、三和酒類は「ニシノホシ」を贅沢に使用した本格麦焼酎「西の星」を造りあげました。2005年には、「ニシノホシ」のより一層の品質の向上を目指して、農家さんを対象とした「iichiko西の星賞」を創設。2017年からうさ農業祭という地域イベントに参加し、地域との関わりを深めながら「西の星」造りに取り組んでいます。

2005年に創設された「iichiko西の星賞」。写真は2017年の表彰式の模様。

毎年行われる「うさ農業祭」に参加し、地元の方々に「西の星」の魅力を紹介。写真は2019年のもの。

2019年には、「ニシノホシ生産者交流会」を開催。長年の研究結果を農家さんにフィードバックし、よりよい麦をつくるための情報共有の場を設けました。

西の星賞の取組

西の星20周年企画

新聞広告

大分合同新聞「つむぐ」シリーズ

人から人へ“つむぐ”「西の星」のストーリー

大分合同新聞「つむぐ」シリーズでは、毎月1回、“人”にフォーカスを当てながら、「西の星」にまつわるストーリーをご紹介しています。
「西の星」のこれまで、いま、そしてこれからを、ご期待ください。

大分合同新聞 「つむぐ」シリーズ